ページトップへ

南アルプス市上宮地1048

はるか南東に富士山を望む上市ノ瀬台地の中腹にこの建物は生き続けてきました。
現在 同敷地内に家主家族が、生活をしています。
本物件は、建物のみの購入希望者を求めます。
本物件も140年もの歳月を越えなおも健在です。江戸時代末期の建物で 旧櫛形町誌でも取り上げられた名家です。
むき出しの天井に目を向けると黒ずんだその力強い梁組みは横綱級です。その梁組みを支える大黒柱
(2尺×1尺8寸×18尺?)もなんともこれまた横綱です。これもまた言葉に表すことの出来ないすばらしい建物です。内部は現代風に向け余り手を入れていない好物件で移築し多様の利用をすることでその空間は計り知れない豪華で力強い可能性を発揮することは間違いない超優良物件です。

所在 山梨県南アルプス市上宮地1048
土地面積(坪) 母屋75坪、土蔵15.5坪
母屋 木造平屋建て萱葺きの上に亜鉛鉄板葺き延べ面積約75坪・築170年
土蔵
木造二階建て延べ面積15.5坪・築約170年
取引態様 専任媒介

母屋


土蔵