ページトップへ


間伐材利用の新規事業が日経新聞山梨版に掲載されました

弊社では、県産間伐材を使った循環型商品を現在、開発しています。

利用用途が限られているスギ、ヒノキ、ヒバなどの間伐材をチップ状にして、枕、マット、敷蒲団などにして、間伐材の利用を促進する循環型の商品です。

ヒノキなどには、消臭・抗菌効果のあるフィットンチッド成分や熱や湿気を吸収する効果が確認されています。また、廃棄の際に焼却しても、ウレタン、スポンジなどの石油化学製品と比較して、大気への影響が軽減されます。

このような素材の特長を活かした商品を開発し、間伐材の利用用途を広げる事で、国内林業・森林維持に貢献していきたいと考えております。

今後の取組みとしましては、2011年3月8日(火)~11日(金)東京ビッグサイト 東ホールで開催される「建築・建材展2011」に出展いたします。

当日、弊社ブースへのご訪問、また、電話、メール等でのお問い合わせをお待ちしております。

 

県産間伐材で枕 2011.1.13 日経新聞山梨版記事

建築・建材展2011 ウェブサイト

建築・建材展2011 出展企業 有限会社榊工業


投稿日:2011-01-13