ページトップへ

そば殻枕、その性能と危険性!

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

さて今日はそば殻枕の話です、
ホントに昔から使われているそば殻、実は吸放湿性能は弊社オリジナルチップ(木材)
あるいは麻綿などとはほとんど変わりが無い高性能なんです、
昔の人は快適に眠ることの出来る素材を良く知っていたんですね!

ところが「そば殻」には欠点もありました、それは虫が湧くことです。もちろん卵の状態で
そば殻に付いている事もあるでしょう。
其れゆえに現在では消毒、殺菌をしている事などはほとんどの方が知りませんね!
消毒、殺菌を行なった後は熱処理(高温で洗浄)しているのですが食品衛生法で管理するほど
そば殻枕には安全基準はありません。


ところで私は考えたのですが、近年の「病気の大様、癌」呼吸器系統の癌は近年非常に多いと考えます。
仮に残留消毒薬がそば殻に残りそれを人が就寝中に8時間毎日吸い込んだとしたらどうなるでしょう!

ちなみにこの考え方は私が勝手に想像し考えたことであります。
何方もこのようなことは証明はしておりませんのでご理解をいただきたいと思います。

左の写真は70年ほど前まで使われていた「箱枕(そば殻入りです)」の写真です。
この時代は殺菌消毒などはしていなかったはずです!

健康管理はあらゆる面から考えなくてはいけない
難しい時代になってきましたね!

http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


「枕で、世界を救う。」フィトンの寝具パンフレットはこちら(PDF)