ページトップへ

弊社オリジナルチップを作る独自の技術!

2020-05-25 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

オリジナルチップを作る工程も今回で最終段階になりました。
独自の技術と言えるのか否か、観かたによってはお恥ずかしい
技術かもしれませんが、お許しください!


左の写真は遥か昔からある振るい機です。
手もみ作業を終えたオリジナルチップは
この振るい機(5mmマス)を通し二度目の
不形状な
チップ、木粉等を今一度精製し
完成いたします。


ちなみに原木(間伐材)がこの工程までで
オリジナルチップになる木材の利用率は
90~93%です。

逆に申しますと7~10%が不形状チップ、
バリ、木粉等(不使用率)
となります。
この不使用な部分を弊社ではトイレ、
押し入、車の中、冷蔵庫等の
脱臭剤
として余すところなく使用してます。



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


弊社オリジナルチップを作る独自の技術!

2020-05-18 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

前回より続きまして、カットされた木材チップは集塵機内に取り込まれす。
その中にはバリや変形したチップ、木粉などが含まれています。
それらを除去し綺麗なチップに完成させるのに2工程を行います。
その第一工程がカットされたチップを「手もみ」することです。


左の写真はカットされたチップを取り出し「手もみ」をするために
製作した「振い台」で網目は5㎜角でステンレス製です。
この上でチップの手もみ作業を行いチップにまとわり付いているバリなどを取り除き
変形したチップや木粉は網目から下に落ち綺麗なチップが網の上に残ります。
一度の手もみ作業で行う量は概ねバケツ3杯分程度で時間は15分ぐらいです。
この作業を経てフィトンの寝具の中材として次の工程へと続きます。




http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


弊社オリジナルチップを作る独自の技術

2020-05-11 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

前回より引き続き木材チップが完成するまでの工程ですが
基本的に寝具の素材として樹種はスギ材とヒノキ材の二種類に
限定しています。
其の理由は申し上げるまでもなく全国(山梨県内)で生まれる
間伐材はこの二種がほとんどなんです!



其の2種類の木材は匂いも、木肌も全く違うものなんです。
特にこの2種類の匂いが一緒になると決して
良い匂いだな~と
感じることができません。
そこで弊社ではメインのプレーナーでカット
された木材チップは
左の写真で見れるように
「吸塵ラインとチップ受け袋」を2か所に

分けております。
この設備によりスギ材とヒノキ材が混ざる
ことなくオリジナルチップが完成します


吸放湿効果、熱吸収効果は両者共に非常に
良い効果を有していることは
申し上げる
までもなく清潔で爽やかなフィトンの寝具
はこのような工程を経て
皆様のお手元に届きます。





http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


055-284-1416 月〜金8:30〜17:30営業 土日祝休み

〒400-0312 山梨県南アルプス市上宮地972
FAX: 055-284-1442 / MAIL: info@sakaki55.jp
©2010 - 2020(有)榊工業 All rights reserved.