ページトップへ

施工不良、手抜き工事?

2020-06-29 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

前回の続きでなぜこのような地盤沈下が起こったのでしょうか?
30年前の基礎工事の技術からするとこの建物の「布基礎」本体はしっかりしています。
考えられることは基礎工事を終え土を埋め戻しする季節とその施工方法に問題があったと考えます。
まず、季節は1月2月の絶対温度が日中でも10度以下の
環境下で且つ埋め戻しをする前に
雨か雪が降り、
その上に含水率が高い土を埋め戻しをした為と考えます。




しかも床下の地面全体の中で特に土質の多い
部分が沈下し、
そうでない骨材(石)の多い
部分の沈下は見られません。


原則として含水率(水)は骨材(石)には
少なく土質には
多く含まれるます。
よって、真冬の基礎工事完了後に床下へ
水分の多い土が埋め戻され、
それによって
「地盤が凍結」していることも知らずに

続けて床張工事を終え、その後春になり
まもなく
氷も解け地盤が沈下したと考えます。

ちなみにこの床の部分はに長年重いものを
置くことなく
人が歩くだけのところで
あまり違和感なく長年気付かなかった
ようです。

最後に、最近の一般住宅の基礎工事はこの度
のような埋め戻しをすることによる問題が
発生することが無い「べた基礎」が主流となっています。





http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


施工不良! 手抜き工事?

2020-06-22 | タメ五郎日記

 皆様おはよう御座います。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

今年の3月に友人から電話があり「ちょっと家の床下を見てもらいたいんでだけど」!
との事で行って床下を見てみると。
なんと下の写真のごとく床下が沈下しているのである。

ところでこの事に気づいたのは何時なんですか、と友人に尋ねると
何年前か覚えていないとの回答!
一応レンガブロックが挟んであるけどこれは誰が何時施したの、と
聞くと、2年ほど前にくろがねやで買ってきて自分で入れたとの回答!


流石にこれだけ地盤が沈下すると築30年の
建物本体に問題が発生しているのでは
ないかと
建物全体を調査、診断してみると
不思議とレベル、傾きともに
許容範囲内であった。

そこで先日この沈下した床の補修工事に着手し
工事を完了させたのだが・・・
では何故
このような地盤沈下が起こったのか!!?

・・・続きは来週!

尚、この住宅は弊社で手掛けた住宅ではありません!



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


地鎮祭

2020-06-15 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

先日の6/11大安吉日、梅雨入り突入日に昨年南アルプス市内に
開発工事に着手し完成した
場所から500mほど北に離れた
場所に新たな開発工事に伴う
地鎮祭を行った。
皆様には釈迦に説法かと思いますが、地鎮祭とはその土地を守る神様に
その土地の使用する許しを請い、工事の安全を祈願する儀式です。


弊社が昭和55年(1980年)会社を設立して
以来40年に渡り
お世話になってきた白州、
甲斐駒ケ岳神社の宮司様に
この度も
お世話になりました。


左の写真は神事を終え工事着手前に
その土地内に埋めて
改めてこの「土地利用
の許しを得る為」の「鎮物」です。

この鎮物の素材も自然(土)に帰りやすく
環境に優しい「桐材」で
出来ています。
弊社はこのような所にも自然環境に
配慮した
業と技に心がけております。


http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


中央大学生by私!

2020-06-08 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

中央大学の学生達2チームと新たなスタートをはじめたが
、不思議と私と肌の合う学生達とは
やはり私との歳の差なのか、私が専門職だからなのか否か

先日こんな話を突き詰めた!


実は、私自身はその昔から木材の体積を
「石」で常に計算をしている。

もちろん現在もだ!
しかし市場では「立米」が主流になって
いるが
どうしても私的には長い間の
積み重ねで「石」で
ないとピンとこない。

しかし学生たちは全く逆なのだ!
「立米」単価が一番わかりやすいようだ。
よって先日は1石の体積(1尺×1尺×10尺)
は0.278立米の説明に
汗した。
どうも時代に乗り遅れている我がそこに居るのであった!



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


本日枕の納品!

2020-06-01 | タメ五郎日記

皆様おはよう御座います。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

先週まではざっくりではありますがフィトンの寝具の中材となる
木材チップができるまでの技術的、且つ工程について書かせてもらいました。
高温多湿となるこれからの季節にフィトンの寝具は確実にその性能を
発揮できる季節となりました。


快適に且つ熟睡できる根拠は!
寝具業界の定説ともなっている吸湿効果、
放湿効果、
保温効果、寝心地とこの4条件
が揃うことが
最低条件となっています。
その大切な条件の中で吸湿効果、放湿効果は
一般的に使用されているコットン、綿よりも
40%近い高性能を誇る木材チップと麻綿は
今日もお客様を快眠の世界へとお誘い
4個納品させて頂きます。


フィトンの寝具は、日本の匠と美で
おなじみの「ほさか」様へ
以下のURL
からお求めください。

http://www.hosaka-n.jp/



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。


055-284-1416 月〜金8:30〜17:30営業 土日祝休み

〒400-0312 山梨県南アルプス市上宮地972
FAX: 055-284-1442 / MAIL: info@sakaki55.jp
©2010 - 2020(有)榊工業 All rights reserved.