ページトップへ


木綿ワタの歴史!

2016-12-11 | フィトンの寝具

みなさまおはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

さて日本に木綿が伝来したのは何時ごろかご存知でしょうか!
今から600年ほど前だそうです。
それまでの暮らしの中には麻と絹が中心でした。
特に手のかかる麻は丈夫で長持ちをしますが、
作り上げるのが非常に難だったとのことです。


その点木綿は肌触りがよく加工が容易で当時は女性でも出来る
仕事として広く日本中に普及していったとのことです。

確かに全国の田舎家には木綿を紡ぐ器械(木製)が
普及し家内作業が容易にでき自ら衣類を作ることから
業として現金収入を得ることが出来る仕事として
普及して行った事は歴史が証明していますね。

左の写真は寝具の素材の中でも木綿は吸湿効果に優れ
肌触りのよさいい事から現在も寝具の中でも広く使われていますね。



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます