ページトップへ


フィトンの寝具より・問題1

2017-02-26 | フィトンの寝具

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

そこで今日は問題です!
木綿の布団が本格的に普及しだしてきたのは明治以降です。
しかし価格は高価で一般庶民には到底買える品物ではありませんでした。
しかし明治後期ぐらいになるとようやく一般庶民にも買える価格になってきたようです。

木綿の布団は吸湿性能が良く保温効果も高く快適に眠れるのですが、
乾いていない布団は時に冷たくカビも生えてくることが問題でした。
そこで起床後に始めた一つの行為でこのカビの発生を押えることが出来るようになりました。
そこ行為とはいったい何なんでしょうか?



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。