ページトップへ

JR有楽町駅から新橋駅までの組積造・其の②

2015-12-27 | 住空間の可能性を探る

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

この2駅間を歩いていると以前店舗として利用されていたガード下が
ガードフェンスでバリケードされているところ沢山目にしました。
察するところさすがに144年経過の構造物!
補強するのか!作り変えるのか!
じっと眺めていると、このガード下で幾多の出会いや別れ
があり、楽しい時、悲しい時が刻み込まれたこの美しい姿に
また幾多の男と女の物語が生まれたのだろう・・・と
小生は勝手に思いを寄せるのでありました。

先日JR東日本様、JR東海様に電話をしてこれからの経過を
訪ねたのですが・・・ま~でかい組織ゆえに担当者まで
たどり着くのにたいへんでございました。

しかし最終的に小生が教えていただきたかった点はほとんど
お答え頂けませんでした。

ただ一つ教えていただいたことは、この線区は補強工事を行う為に
現在計画中とのことだけお答えを頂きました。

小生と致しましては日本の文化でもあるガード下。
どうぞ大切にしていただき新たな人間物語が生まれる場として
生まれ変わって欲しいと願わんばかりでございました。


http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。