ページトップへ

有楽町駅〜新橋駅

2017-08-27 | 住空間の可能性を探る

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

先週有楽町での展示会の際、小生は何時も宿泊する新橋まで
歩きました・・・・・概ね20分ですネ!
その際久しぶりに見る軌道、線路下の「レンガ作り」の構造に
改めて感動したのでありました。
現在は耐震補強の工事が行なわれていますが、明治時代の
良き風景を残しつつ工事が進められていることに何か安らぎのようなものを
感じる小生でありました。



以下、文献より引用させていただきました。
1872 年(明治 5 年)9 月 12 日、新橋-横浜間の 29km に日本初の鉄道が開通し、明治天皇御臨幸のもと、盛大に開業式典が催された。
鉄道頭の井上勝 (いのうえまさる) をはじめとする数多くの鉄道関係者や各国公使が見守る中、午前 10 時、イギリスから輸入した1 号機関車がお召し列車を牽引し、新橋停車場を出発した。列車は約 1 時間後、横浜鉄道館に到着した。
このときの新橋駅は旧・汐留駅の場所にあり、横浜駅は現在の桜木町駅であった。

上記の歴史を改めて学習したのでありました!




http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。