ページトップへ

森林整備を巡る歴史 其の五

2019-12-30 | 国産木材や環境のこと

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

前回より・・・!
明治の後半から昭和の初めにかけ度重なる水害は
留まることを知らずこれに追い打ちをかけるかのように
日本は第二次世界大戦で焼け野原となった街づくり
復興の為に又もや木材需要はピークとなるのです。

そんな国内状況下の日本列島復興に用いる木材は国内の
山にはほとんど無い状態の中、海外の安くて大断面の木材が
大量に輸入されるようになり、見るも無残な国内の山々に
この昭和25年前後に造林、植林された苗木は
全国で13億本をも超えたとされています。



そんな昭和25年(1950年)には「荒れた国土に緑の晴れ着を」
とのスローガンに第一回全国植樹祭が山梨県で開催されたのであります。

それから70年、当時造林、植林、育林を経た森林も
間伐など山には手が行き届かなくなり荒廃した山へと変貌を続けて
現在伐採期を迎えた今の山(森林)が構成されたのである。
つづく


http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。