ページトップへ

森林整備を巡る歴史・最終回!

2020-01-14 | 国産木材や環境のこと

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

ホントにザク切りでしたが6回に渡り概ね600年に渡る日本の森林環境を巡る歴史を
検証してきましたが皆様はどのように感じ取ることができたでしょうか!
今回は最終回で私なりにまとめてみました。

その昔よりお上や行政は山(森林業)の重要性は極めて大切だと
認識しながらもその「便利で何不自由のない新たな文化生活」を送る
近代産業の社会化は山(森林業)を見て見ぬふりをした訳ではないのだろうが、
結果的にそのような政治が行われた森林産業は不安定な歴史に至り
水害、山崩れ、人命の犠牲の出る社会へと進み、
そして現在では世界レベルで山(森林)、川、海を含め幅広い
環境問題にまで発展してしまったと考える!



2020年の日本にあっては、またも山(森林)の重要性を認識し
政治的政策も打ち出してきてはいるのですが、一時的、単発的な
政策は全く効果がないことを改めて知るべきだと思います。

そこには森林産業を「不変の循環型産業」と定め
若者たちが産業界で活躍できる業界へと育て上げ無期限に且つ
不変の世界レベルなビジョンを作り上げ毎年毎年を積み上げる以外
日本はもとより地球の環境を守る方法はないと考えます。
さすれば自ずと「地球にも人にも優しい低炭素社会」が完成して行くと考えます。

http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。