ページトップへ


前回の続き!

2018-08-06 | タメ五郎日記

皆さまおはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

恒次祐子先生は前回の研究結果に伴いつくば森林
総合研究所と供に前回に研究結果を証明するかのごとく
再実験を行ないました。

実験内容は前回と同じく心拍数の変化と新に「唾液アミラーゼ活性」
という測定も行ないました。



左の写真は其の実験結果論文の一部の写真です。

結果と考査!
本研究において「アルファーピネン」のにおいにおいて生後
1~3ヶ月乳児の心拍数が有意に低下していることが改めて
明らかとなった。

又「唾液アミラーゼ活性」もリモネンにおいては安静時に比較して
におい後の安静時はには有意に高かった。

上記の実験結果は前回行った実験結果を証明したものとなった!
・・・素晴らしい!!!


http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。