ページトップへ


環境に優しいものは持ちが悪い!でも。

2018-10-01 | タメ五郎日記

皆さまおはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

27年前に弊社が手がけさせていただいた清里の別荘!
下の写真を見ていただけると分かりますが、雨ざらしになる
ベランダ部分は腐りボロボロになってしまいます。
今回で2回目の改修工事なるのですが、持ち主様が自ら
毎年塗装を行い手を加え約14年が経過しました!


ベランダの木材は見る影も無くなり土に戻ってゆき、
塗られた塗料は自然界が分解してくれます。

石油化学素材で作られたモノは耐久性があり経済的で
何時までも「美しい」姿を保ってくれますが・・・・・
このベランダを見て不経済で耐久性は無くともその姿は
人が生まれて死んで行く様に感じられずにいられません。
14年ぶりに仕事の以来を頂き自らの年齢にこのベランダを
重ね合わせ「美しさ」の定義を噛み締めています。



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。