ページトップへ


環境に優しいものは持ちが悪い![其の三]

2018-10-22 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

不燃化された木材は「雨にも負けず風にも負けす紫外線にも負けません」
そんな不燃木材も使用期間を終え最終処分はどのように行うのだろうか!
基本的に木材の良いところはすでに皆さんすでにご承知!
且つ、カーボンニュートラルと言って木が成長期に二酸化炭素を吸収し最終的に
自らが燃えても自然界で腐敗しながら二酸化炭素を放出しても原則±0で
環境負荷はほとんど無いとても地球や人間に優しい素材(木)なんです。



木材を不燃化し「安全で安心な社会作り」も否定はしません!
そこには「便利で何不自由の無い文化生活」の元となる
新技術や新素材が私達の生活を豊かにしてくれます。
しかし後先を考えずに突き進むと大きな社会問題を
後世に残してしまうと考えます。

地球レベルで環境問題を考えるにはけして
早い段階では無いと思うのですが・・・・・!




http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。