ページトップへ


下手な詩、其の二!

2019-03-18 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

先週に続き東京での仕事の合間に詩を書いてみた!
時間にゆとりがあるという事は良いことと考えるが
貧乏性の小生にはやはり似合わないと考えつつも
書いてみようと思い立つ自分が可笑しく見えてならない。
ましてやブログにアップするなどとは・・・・・


今日は土曜日だ!
ホテルを出て何時もの小洒落た喫茶店に向かい駅前を歩いても何時ものあの人混みはウソのように静かな人通りだ。
店に着き出勤時間調整などといかにも東京人になったかの様な自分が可笑しく見える!
今日の客層はやはり何時もと違う、若い恋人同士が多いようだが、女性同士も多い!
その人気は小洒落た東京ならではのメニューにもあるのだろうか!
そんな1組の若い男女カップルの女性はツバがぐるりと360°で出は10cmぐらいはある黒い帽子をかぶったままサンドイッチに食らいついているのだ。
若い女性なのだがなぜかあの嘘つきの片棒を担いでいるA副総理を思い浮かべた!
そんなお相手の男性は帽子こそかぶっていないが「あご髭」を伸ばし鼻の下の「ちょび髭」が気になりながらカレーパンに食らいついている。

その昔、家の中では帽子は取るものだ!
ましては食事中は絶対だった!
小生はガキの頃にきつく教えられたものだが大都会で育つ若者たちに懐かしく
亡き祖母の口調と声を懐かしんだのであった。

う~ん!やはり詩人になるセンスは無いな!笑



http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます