ページトップへ


熱吸収効果、其の四

2019-09-17 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めはいかがでしょうか!

熱吸収効果!
昭和生まれの皆様はほとんどの方が経験した事があると思うのですが、
こんな一例をあげてみたいと思います。

真夏のお昼寝又は熱帯夜に2歳児程度以上の子供を畳の部屋で
寝かし付け、親が目覚めて気付くとその子は2mも3mも離れた
とんでもない所で寝ていることを経験した方は沢山いると思います。
ひどいときは縁側で寝ている子供を布団に戻したなんて方もいると思います。




そうなんです、子供も冷たく気持ちのいいところを求め
転がり回り寝ているんですね!
そこには「熱吸収効果、吸放湿効果の高い」畳には
天然イグサが、縁側には無垢の木材が使われています。
故に寝ていて汗をガンガンかき沢山の代謝があっても
快適に眠ることができ健康な体が作られると考えます。

さて!暑くても寒くてもACを使い、寝具はウレタンや
ポリエステルが多い現在の睡眠環境!
皆様は健康な体作りが出来ていますか!?

人にも自然環境にも優しいフィトンの寝具は
日本の匠と美でおなじみの「ほさか」様でお試し下さい。
http://www.hosaka-n.jp/




http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。