ページトップへ


弊社オリジナルチップを作る独自の技術

2020-05-11 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

前回より引き続き木材チップが完成するまでの工程ですが
基本的に寝具の素材として樹種はスギ材とヒノキ材の二種類に
限定しています。
其の理由は申し上げるまでもなく全国(山梨県内)で生まれる
間伐材はこの二種がほとんどなんです!



其の2種類の木材は匂いも、木肌も全く違うものなんです。
特にこの2種類の匂いが一緒になると決して
良い匂いだな~と
感じることができません。
そこで弊社ではメインのプレーナーでカット
された木材チップは
左の写真で見れるように
「吸塵ラインとチップ受け袋」を2か所に

分けております。
この設備によりスギ材とヒノキ材が混ざる
ことなくオリジナルチップが完成します


吸放湿効果、熱吸収効果は両者共に非常に
良い効果を有していることは
申し上げる
までもなく清潔で爽やかなフィトンの寝具
はこのような工程を経て
皆様のお手元に届きます。





http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。