ページトップへ


弊社オリジナルチップを作る独自の技術!

2020-05-18 | タメ五郎日記

皆様おはようございます。
今朝のお目覚めは如何でしょうか!

前回より続きまして、カットされた木材チップは集塵機内に取り込まれす。
その中にはバリや変形したチップ、木粉などが含まれています。
それらを除去し綺麗なチップに完成させるのに2工程を行います。
その第一工程がカットされたチップを「手もみ」することです。


左の写真はカットされたチップを取り出し「手もみ」をするために
製作した「振い台」で網目は5㎜角でステンレス製です。
この上でチップの手もみ作業を行いチップにまとわり付いているバリなどを取り除き
変形したチップや木粉は網目から下に落ち綺麗なチップが網の上に残ります。
一度の手もみ作業で行う量は概ねバケツ3杯分程度で時間は15分ぐらいです。
この作業を経てフィトンの寝具の中材として次の工程へと続きます。




http://www.sakaki55.jp/cat/phytoncide.html
フィトンの寝具は環境に配慮した榊工業のブランドでございます。